弊社の電話番号と住所
復旧の概要を図で説明
USBメモリのサンプル画像


折れた、曲がった、割れた、壊れた、接触不良、認識しない、などの破損USBメモリ(破損USB)からデータを復旧、復元、取り出しています。物理的に破損した場合は8000円、重度の破損でも最高12000円です。破損したUSBメモリからのデータ復旧、復元を特に専門に行っています。
(スマホ用ホームページはこちら)


ただいまの作業完了予定日数

○ 軽度物理障害(USBメモリのコネクタ曲がり、折れ、取れなど)
  1〜2日間で完了予定
○ 重度物理障害(基板割れ、複雑な破損、コントローラの破損など)
  2〜7日間で完了予定
○ 論理障害(復旧ソフトでデータを復旧する場合   1〜2日間で完了予定

最新更新記事:以下を追加しました
(13)海外製USBメモリの金属コネクタの途中で曲がってパソコンに差し込めなくなった 2019年12月15日
(12)UNISERAと書かれたUSBメモリが曲がっているかも知れないとのこと(認識しない) 2019年12月15日
(11)LUIRE のUSBメモリのコネクタが横に少しだけ曲がって認識されない追加しました 2019年12月15日
(10)ELECON 製のUSBメモリのコネクタが大きく横方向に曲がった追加しました 2019年12月14日
(9)Trancend 製の16ギガUSBメモリのコネクタが大きく横方向に曲がった追加しました 2019年12月12日
61.USBメモリをバソコンに付けたまま落としたら半分に折れた 2019年12月7日
60.IO-DATAkUSBメモリをバソコンに付けたまま落としたら認識しなくなった 2019年11月24日
59.コネクタが少し曲がっているようでパソコンから認識されない 2019年10月20日
58.コネクタが少し曲がっているようでパソコンから認識されない 2019年10月13日
認識されないUSBメモリ

料金

料金は症状によって以下の8,000円、12,000円のいずれかです
■ 8,000円 (軽度物理障害)
USBメモリの差し込み部分が曲がったり、外れたり、変形したなどです
■ 12,000円 (重度物理障害)
USBメモリの基板部分で折れた、コントローラ破損のようにメモリを外す場合です
■ 8,000円 (論理障害)
復旧ソフトでデータを復旧できる症状のものです

折れたり、曲がったり、変形したUSBメモリからのデータの復旧はほとんどの場合8000円で完了できています。基板が真ん中部分で割れたり、内部の電子部品が壊れた場合は最大料金の12000円(プラス数千円の部品代がかかることあり)です

−−−料金表−−−

軽度物理障害
曲がったUSBメモリ
折れたUSBメモリ
変形したUSBメモリ
差し込み部分が取れたUSBメモリ
8000円
重度物理障害
割れたUSBメモリ
コントローラの破損
認識されないUSBメモリ
12000円(+部品代数千円かかることがあります)
論理障害
エラー表示・その他(復旧ソフトで復旧できる場合)
8000円


USBメモリの壊れ方と作業料金は次のようになっています

USBの口が曲がった(軽度物理障害)
USBの口が曲がった画像
8000円
USBの口が折れた(軽度物理障害)
USBの口が折れた画像
8000円
USBの口が変形した(軽度物理障害)
USBの口が変形した画像
8000円
USBの口が取れた(軽度物理障害)
USBの口が取れた画像
8000円
USBの基板が割れた(重度物理障害)
USBの基板が割れた画像
12000円
コントローラの破損(重度物理障害)
コントローラが破損した画像
12000円
認識されない(重度物理障害)
認識されない画像
12000円 (8000円の場合あり)
エラー表示される(論理障害)
エラー表示される画像
8000円
メモリの破損(重度物理障害)
メモリが破損した画像
データの復旧不可


論理障害、軽度物理障害、重度物理障害とは

USBメモリの破損の状態を表す言葉に一般的に使われる【論理障害】、【軽度物理障害】、【重度物理障害】は初めて聞く方にはどのような症状か分かりずらい用語です。
これらの用語は厳密にどのような症状なのかを定めていませんが、およそ以下の表のように解釈されています。
論理障害 復旧ソフトでデータを復旧できる症状のものです。パソコンにUSBメモリを取り付けると認識されるがデータが見えない場合や、間違って消去したり、フォーマットした場合、エラーメッセージが出る場合などです
業界で論理障害と診断された場合はUSBメモリの内部を調査することなくデータを復旧できることを意味します。
注意すべきことは論理障害はどれかひとつ復旧ソフトがあればどんなデータでも復旧できるわけではないということです。多くの方が無料の復旧ソフトでデータを復旧しようと試した後にダメだったと依頼されてきますが、無料でデータを復旧できない理由は以下のとうりです
1.無料でデータを復旧できるような親切なソフトはありません
 ダウンロードしてインストールした瞬間に見たこともない迷惑な広告画面や、パソコンが壊れている・・・と不安をあおる画面が出て消すことができずパソコンが台無しになる
2.試行版として利用させいかにも復旧できそうな結果を表示して期待を持たせ、クレジットカードでお金を払わせる。購入して実行させると期待したデータが取れない。
3,復旧ソフトの多くは英文です。誤操作で大事なデータを致命的に壊してしまう。このような依頼が実際に持ち込まれています。
4.とても復旧ソフトとは言えない粗悪品。インストールすると悪質な広告をパソコンに落とされます

下の画像のようにパソコンから認識されていればほとんどの場合データーを復旧できます
論理障害のUSBメモリの画像
軽度物理障害 コネクタ部分が曲がったり、折れたり、変形した場合などで、破損個所を探して半田付けで修正します。
比較的軽い破損状況のもので所要時間が10分程度の簡単なものから数時間位で完了します。 一般的に衝撃などにより金属端子の付け根の部分が破損していることが多く、このような症状の場合は部品交換や特別なことをせず半田付け修正が基本です。
時には金属端子以外の場所を修正することもありますが高度な作業を必要としない破損の状態です
軽度の物理障害の例を日々の記録で紹介しています。こちらを参照してください

通常の物理破損のUSBメモリの画像
重度物理障害 金属端子以外の箇所の奥の方で割れたり折れたり、半導体チップが電気的に破損して半田付けでは修正できない症状のものです。
復旧業界で重度物理障害と診断された場合は高額なところでは10数万円を超える見積額が提示されることがあります。メモリを取り外しての修復になり数時間から1週間位かかります。
重度物理障害の例を日々の記録で紹介しています。こちらを参照してください

重度の物理破損のUSBメモリの画像


以下にUSBメモリの破損の症状による料金を紹介しますので参考にしてください

軽度物理障害
曲がったUSBメモリ (軽度物理障害)

下の写真はUSBメモリの差込み部分が曲がって読み取れなくなった例です。
ケースを開封しないと破損の程度は分かりませんが、一般的に金属と本体の基板を接続している導電端子が曲がって半田付けが外れています。
時には導電端子が折れてしまっていたり、回路パターンが断線していることもあります。 曲がったUSBメモリの修復は依頼を頂くなかで最も修復が容易で成功率が高い作業です。ほぼ確実にデータを復旧できますが、接触が悪いままパソコンから認識されなくなるまで使っていると電気変動によって内部の電子部品が壊れていることがあります。
内部の電子部品が壊れてしまうと少し後で説明されている(コントローラ破損したUSBメモリの修復)になります

曲がったUSBメモリの料金は8000円です

曲がったUSBメモリの画像


変形したUSBメモリ (軽度物理障害)

下の写真はUSBメモリが変形してしまった場合の例です。いずれも異常な形になってしまいデータが読み取れなくなっています
最初のUSBメモリは金属のコネクタ部分が曲がってパソコンに取り付けられなくなり、使用できない例です。
パソコンにUSBメモリを取り付けている状態でパソコンを落としてしまったような場合にこのようになります。このような場合、金属のコネクタと基板の間が割れていたり導電端子が断線し、回路パターンが剥離していることもあります。修復の困難度は高くなります

真ん中の写真は金属のコネクタ部分が横方向に曲がっています。このような症状は同様にパソコンにUSBメモリを取り付けている状態で横方向に手が触れたり、USBメモリをパソコンから取り外すときに左右に振りながら取り外した場合に発生します。内部はコネクタ部分の導電端子が折れていたり半田が取れていたりしています。また、回路パターンが断線していることもあります

3番目の写真は曲がったUSBメモリの症状に似ていますが通常は導電端子の折れ破損ですが回路パターンが断線していることもあります。

変形したUSBメモリの修復は多少作業の困難差はありますが比較的容易に完了します。 以上、いずれも半田付け修復をします

変形したUSBメモリの料金は8000円です

変形したUSBメモリの画像


折れたUSBメモリ (軽度物理障害)

下の写真はUSBメモリの差込み部分が本体の部分に対して折れてしまった例です。
ケースを開封しないと破損の程度は分かりませんが、一般的に金属と本体の基板を接続している導電端子が曲がっているか、折れて断線しています。
折れたUSBメモリの基板が割れ破損していなければ比較的容易に完了します

折れたUSBメモリの料金は8000円です
割れ破損している場合、12000円になることがあります

折れたUSBメモリの画像


差し込み部分が取れたUSBメモリ (軽度物理障害)

下の例はUSBメモリの差込み部分が取れて使えなくなった例です。
金属のコネクタ部分が本体の基板から取れています。導電端子と固定部のすべてが折れて断線しています。更に基板に付いている電子部品が取れたり回路パターンが断線していることもあります。

差込み部分が取れたUSBメモリは割れ破損していなければ比較的容易に完了しますが、割れ破損している場合は困難な作業になることがあり料金が変わります

差し込み部分が取れたUSBメモリの料金は8000円です
割れ破損している場合、12000円になることがあります

差込み部分が取れたUSBメモリの画像

重度物理障害
複雑破損したUSBメモリ (重度物理障害)

下の例はいずれもコネクタの部分ではなくUSBメモリの内部の方で基板が折れて読み取れなくなった例です。
写真の例では丸印の部分で割れています。USBメモリの基板は電子部品が取り付けられた表の面と同様に電子部品が取り付けられた裏面、さらに基板の内部にも回路パターンが配線された多層構造になっています。 これらの各層に回路パターンが張り巡らされていて目視できない微小な電子部品が取り付けられているため作業はとても困難ですが、一般的にメネリが破損しているのではないためデータを復旧できる確率は高いといえます
多層配線のため内部の回路が見えないことから半田付けによる修復はとても困難でメモリを取り外して作業します。部品調達が必要な場合は一週間くらいかかったり修復できないこともあります。

このような症状の料金は12000円です
部品代2000円位が別途かかることがあります

複雑破損したUSBメモリの画像


コントローラ破損したUSBメモリ (重度物理障害)

以下の例はUSBメモリの内部のコントローラと呼ばれる部品が破損した例です。折れ曲がったりしていないのにパソコンに取り付けても認識されない症状の場合これが原因かまたはメモリの破損です。最も難易度の高い症状で作業がとても困難です。部品の規格などによっては修復できないことがあります。
症状としては以下のような動作をします
・パソコンから認識されない
・パソコンに取り付けると反応音がするが認識されない
・USBメモリのランプが点灯しない、または点灯したまま消えない
・フォーマットしますか、のメッセージが出る(復旧ソフトでデータを復旧できることがある)
・エラーメッセージが出る
・高熱を発する

このような症状の場合はコントローラが破損していてメモリチップを取り外してデータを復旧します

このような症状の料金は12000円です
部品代2000円位が別途かかることがあります

コントローラ破損したUSBメモリの画像

修復、データの復旧いずれもできない破損
メモリ破損したUSBメモリ (重度物理障害)

下の例はUSBメモリの内部のメモリと呼ばれる部品が破損した例です。データはこの中に入っているため物理的にこの部品が割れたり、電気的に破損するとデータは復旧できません
パソコンから認識されない場合の原因としてほぼ半数がこのような結果になっています

メモリ破損したUSBメモリの画像

連絡先


復旧ソフトで復旧できる場合 (論理障害)
次のような症状の場合は復旧ソフトでデータを復旧できることがあります。このような場合は料金は8000円となります
無料の復旧ソフトでは復旧できませんので試さないでください。データが壊れて復旧できなくなることがあります。
8000円

誤消去、誤フォーマットした場合
間違って消去したりフォーマットしてしまった場合は高い確率でデータを復旧できます。
フォーマットしますかの画面
フォーマットしますかのメッセージが出る場合

このメッセージが出る症状の場合、高確率でデータを復旧できます。フェーマットしないでください。
巡回冗長検査CRCエラーのメッセージが出る場合
巡回冗長検査CRCエラーのメッセージが出る場合

このメッセージが出る症状の場合、高確率でデータを復旧できます。
パラメータが間違っていますのメッセージが出る場合
パラメータが間違っていますのメッセージが出る場合

このメッセージが出る症状の場合、高確率でデータを復旧できます。
画面下のタスクバーの右端にUSBのアイコンが表示される場合
画面下のタスクバーの右端にUSBのアイコンが表示される場合

このようにUSBのマークが表示されていて、さらにドライブ名(F等の表示)がでていれば高確率でデータを復旧できます。ドライブ名が表示されないと成功率は半分以下になります
リムーバブルディスクとして見えている場合
リムーバブルディスクとして見えている場合

一般的に高確率でデータを復旧できます。
パソコンから抜き差しするのをやめて復旧を依頼してください。
その他の原因不明で消えた場合
原因不明で消えた場合や文字化けした場合

高確率でデータを復旧できます。


物理的破損と電気的破損について

下の写真はUSBメモリの金属のコネクタが本体から取れた拡大画像で最も多い 軽度物理破損の例です
USBメモリの拡大画像

軽度物理破損は写真の(外れ)と表示している箇所が折れたり、曲がったり、外れたりした症状のものですが見つけにくいものもあります。
一方、電気的破損は写真の(コントローラ)(メモリ)と表示している箇所の破損で計測器を使って判断します。パソコンにUSBメモリを取り付けてみると認識されなかったりランプが異常な点滅をします。 その他微小のコンデンサ、抵抗器、発信機、回路パターンなどの破損のこともあります。
軽度の物理的破損はほぼ確実に修復が成功してデータを復旧できますが電気的な破損の場合の修復成功率は50パーセント位に落ちます
以下に物理的破損と電気的破損の例をあげます

物理的破損
曲がったUSBメモリの画像
変形したUSBメモリの画像
差込み部分が取れたUSBメモリの画像
複雑破損したUSBメモリの画像
USBメモリの金属コネクタ部分が本体から曲がったり、変形したり、コネクタの差込み部分が本体から取れたり、本体の基板部分で複雑破損しています
通常は半田付けなどによって修復してデータを復旧します
本体の基板部分でひどい破損を生じていなければ通常は半田付けで成功しますが、破損がひどい場合はメモリを取り外してデータを復旧することになり、難易度が大きくなります

詳細は折れたUSBをご覧ください

電気的破損
コントローラ破損したUSBメモリの画像
メモリ破損したUSBメモリの画像
コントローラやメモリが破損した場合のことで重度障害と呼ばれます。コントローラが破損した場合は修復可能ですがメモリが破損した場合は修復、復旧いずれもできません
メモリを取り外してデータの復旧を試します

詳細は電気的破損の場合をご覧ください


連絡先


ご依頼から完了までの流れ

(1) 電話で症状をヒヤリング 電話で症状を教えていただきます。それによっておよその作業の流れをお知らせします
8000円固定料金のため見積はありません。症状によって最大12000円になることがありますが、その場合はメールにて確認をいたします。
(2) USBメモリを梱包 破損したUSBメモリと復旧したデータを保存するUSBメモリを保護封筒などに入れてください
USBメモリがぐらついている場合は余裕のある容器、箱などに入れてそれ以上壊れないようにしてください
できるだけ携帯番号を書いたメモを入れてください。症状によってショートメーメで連絡をとることがあります。

次のことにご注意ください
● 破損USBメモリとデータ保存用のUSBメモリが分かるように。
● 症状を必ずメモ書きしてください(症状によって作業方法が変わります)
● 連絡先の電話番号を忘れずに
以上について不明確の場合、作業着手が後回しになります

保存用のUSBメモリは破損品と同じ製品をお持ちの場合、できるだけ同封してくださると優先的に作業着手しています
(3) USBメモリの郵送 USBメモリ郵送してください
住所と名前は必ず書いてください。
郵送する場合、切手は120円を貼ってください
(4) 修復、データ保存用のUSBメモリ USBメモリの修復が完了するとデータを同封して頂いたUSBメモリに保存します
弊社にて32ギガのUSBメモリを1500円の安い価格で用意していますのでご希望の場合はその旨メモ書きしてください
1500円の保存用USBメモリのご案内
(5) 復旧データの発送 復旧したデータを発送します
データを確認していただき、問題なければ同封された納品書の宛先に振り込んでください


所要日数
USBメモリが曲がったり、折れたりした物理破損の場合はデータの復旧は当日、または翌日に完了します。しかし、曲がった状態で接触不良のまま使っていると電気的変動で電子部品が壊れてしまっていることがあります。この場合は作業が長引くことがあります
基板の真ん中付近で折れたり曲がったりしたもの、および電気的に破損している場合はデータの復旧が数日以上になることがあります。

データの保管
復旧したデータをお返ししたあと2週間ほど弊社でも保管しています。再度データが必要になった場合はこの間に連絡いただきますと再発送できます。2週間を経過すると弊社の記憶装置から消去します



連絡先


修復と料金の例
以下に実際に依頼されたUSBメモリについて、それらの症状と修復の内容、作業にかかった時間、料金などを紹介しています。ご依頼いただくときの参考にしてください
ご依頼を頂いた例をこちらの修復日記にも紹介していますので是非参考にしてみてください

金属コネクタの潰れ
USBメモリの金属コネクタが潰れてパソコンに差し込めなくなった

このコネクタは通常は金属でできています。非常に硬い金属のため簡単には元の状態に戻せません。戻そうとするとますます変形してパソコンに取り付けられなくなり、パソコンのUSBの口を壊してしまいます。
このような場合、コネクタ部分を修理せずにUSBメモリのケースを開封してリード線をつないでデータを復旧します
この依頼品についてはUSBメモリのケースから中の基板を取り出してデータ復旧用のコネクタに繋ぎなおしてデータを復旧しました。
約30分位の作業時間でした。軽度物理破損です

代金8000円をいただきました

差込み端子の潰れの写真
金属コネクタの取れ
USBメモリの金属コネクタが本体部分から取れてしまった

SONYのスライド式USB3.0メモリで端子の部分がきれいに本体から取れてしまっています。SONYのUSBメモリは解体が大変で今回もケースを完全に切り開くことになりました。これだけで作業の半分近くの時間をつぶしてしまいます
ケースから内部の本体部分を取り出して顕微鏡で確認すると、きれいに9本の端子が折れていました。データ復旧用の端子につなぎなおしてパソコンに取り付けるとバッチリ認識されました。
データをDVDに書き出して作業完了です。仕事用とのことでたいへん喜ばれていました。
代金8000円をいただきました

取れたUSBの写真
金属コネクタの曲がり
USBメモリの金属コネクタが少し曲がってパソコンから認識されない

SONYのUSB2.0のもので端子の部分が少し曲がっており、パソコンに取り付けてもなにも反応しません。
さっそくケースを工具で解体してみました。ケースがしっかり密封されていて解体に手間取りました。注意しないと内部の部品を破損してしまいます。
顕微鏡で確認すると通電端子2本の半田が取れています。他に回路パターンの剥離などないかを確認、特に異常ないので2箇所を半田付けしてパソコンからバッチリ認識されました
保存用のUSBメモリが添付されていたのでそちらに保存。作業は約20分位でした。
代金5300円をいただきました(破損程度が小さいとこのように値引きのことがあります)

差込み端子が曲がった写真
USBメモリの熱破損
USBメモリが熱くなってパソコンから認識されないものが送ってこられました。

パソコンに取り付けるとUSBメモリのケースと金属端子の部分が熱くなってパソコンから認識されません。
ケースを開けてみないとどこが熱くなっているか分かりません。ケースから取り出して熱の発生個所を確認すると丸で囲った部品からでした。さっそくメモリを取り外してデータを取り出しました。
破損個所はコントローラと呼ばれるもので作業時間はおよそ二時間でした。
代金12000円をいただきました

高温の破損の写真
USBメモリがパソコンから認識されない
USBメモリの内部がケースから出てしまい、パソコンから認識されなくなったとのことで持ち込まれました

さっそく問題のUSBメモリを見せていただくと、USBメモリは普通の正常品に見えます。聞くと、落としたらケースがばらけて中身が出たためすぐにケースに入れてパソコンに差し込んだら認識されなくなったとのことです。
パソコンに差し込んでみると何の反応もありません。メモリ取り外し作業になるため後日の引き渡しになることを伝えて預かり作業になりました。
コントローラ破損のため作業後のデータ復旧になりました。
5日後に作業が完了してお渡ししました。学生さんで研究論文が入っていたとのことでとても喜んでいただきました
代金12000円をいただきました

コントローラ破損のUSBの写真
USBメモリが半分に割れた
USBメモリが真ん中付近で半分に割れたものが送られてきました。

今日は久しぶりに破損の症状が大きいものが送られてきました。8ギガバイトのものでケースは割れ、中の基板が飛び出しています。そして中の基板が真ん中付近で2つに割れていました
顕微鏡で拡大してみると回路パターンのかなりの本数が断線し、微小部品も取れて無くなっています。また、コントローラと呼ばれるチップの端子の半田付けが何本か外れています
この時点で半田付けによる作業は不可と判断してメモリを取り外すことにしました。
メモリの取り外し作業完了後、パソコンから確認すると正常に動作。さっそくデータを復旧してDVDに書き出し、お客様に作業が成功したことをお伝え、会社の大切なデータのためたいへん喜ばれました。
このようにひどい症状のものが成功すると達成感があります。
今回は部品が必要になり2300円余分にかかりました。作業はおよそ1時間で弊社の最大料金12000円となり、合計14300円です
代金14300円をいただきました
今回のように破損の症状が大きい場合は部品代が必要になることがあります
半分に割れた写真
USBメモリの通電部が外れた
USBメモリの金属端子が曲がってパソコンから認識されなくなったものが送られてきました。

USBメモリのケースを取り外すと写真の赤丸の通電端子が曲がって半田がとれていました。外れた箇所は他にはありませんでした
顕微鏡でみながらこの1か所を半田作業してパソコンからデータを取り出して完了。約10分の作業時間でした
代金5300円をいただきました(短時間作業でしたのでこの料金でした)

通電部の外れ写真
USBメモリが認識されない
パソコンから認識されなくなったUSBメモリが送られてきました。

指の爪ほどの大きさのUSBメモリです。パソコンに取り付けてみると全く認識されません。
このような超小型のUSBメモリは内部を開封して作業できません

折れ曲がり写真
USBメモリの取り付け音がするけれど認識されない
USBメモリが認識されない
パソコンに取り付けると認識したような音がするけれどフォルダなど何も表示されないものです。

パソコンにUSBメモリを取り付けるといかにも正常のような音がするのにUSBメモリが認識できません。このような症状のUSBメモリにはよく遭遇します
顕微鏡でくまなく異常を確認しても特にそれらしい破損部位はなし。大体このような症状では物理的な破損ではありません。ほとんどの場合がコントローラ破損です。したがって、メモリチップを取り外してデータを復旧することになります
メモリチップを取り外してデータを復旧しました
部品代が1800円で作業はおよそ1時間で弊社の最大料金12000円プラス部品代となりました
(部品代はほとんどの場合数千円です)

認識されないUSBメモリ
販売終了の古いUSBがパソコンから認識されない
USBメモリをパソコンに取り付けるとアクセスランプが点灯したまま点滅せず、バソコンから認識されないものです。

とても珍しいELSONICのUSBメモリです。ネットでこのUSBメモリを検索してもヒットしません。それよりもELSONICそのものが見つかりません。ELSONICはノジマのプライベートブランドなのですね。米国のアマゾンでは見つかります。日本になくてどうしてアメリカにあるのか不思議です
パソコンにこのUSBメモリを取り付けるとアクセスランプが点灯したまま点滅せず、認識7されません。
ケースを外して基板本体を取り出しし、顕微鏡で確認しますが目視による異常は見当たりません。このメモリ、一般のよく見かけるTSOP型でなくとても作業が困難なメモリタイプですく
コントローラの異常と思われるため部品交換作業を行って無事にデータを復旧しました。かかった時間は約3時間、とても疲れる作業でした
今回の作業は弊社の最大料金12000円となりました。久々の大仕事でした
代金12000円をいただきました

認識されないUSBメモリ
ほんの少し曲がったUSBメモリがパソコンから認識されない
USBメモリら金属端子と本体部分がわずかに曲がってパソコンに取り付けても認識されないとの依頼です。

箱に入れてUSBメモリが宅急便で届きました。箱から取り出すとよく見ないと分からないくらいしか曲がっていません。この程度の曲がりで認識されなくなるのかと不思議でした。
パソコンに取り付けると確かに認識されません。とりあえずUSBメモリをケースを開けて取り出してみても折れているようにみえません。パソコンにこのUSBメモリを取り付けてもまったく認識されません。
顕微鏡で確認すると導電端子が3箇所基板からわずかに浮いて外れていました。さらによく見ると回路パターンも3箇所断線していました。この症状からすると端子が曲がったあと元に曲げ戻したと思われます。
USBが曲がった場合は戻さないでそのままにしないと悪化してしまいます
半田ゴテで作業することおよそ30分。パソコンに差してみると無事に認識されました
今回の作業は8000円ですが、パターンの断線がない場合は数分の作業となり料金が5300円となることがありますのであまり症状を悪くしないといいです
最初の写真は横から曲がり具合をみたもので、ほとんど曲がっていません。真ん中の写真は断線部分で、その下の拡大写真は断線部分を修正したものです
代金8000円をいただきました

少しまがったUSBメモリ
フォーマットしますかのメッセージが出るUSBメモリが送られてはました
USBメモリが使えなくなったとのことで、詳細な症状が書かれていませんでした。

外観は何の症状もありません。パソコンに取り付けると【フォーマットしますか】のメッセージが出ました。
このような場合は通常はどれかの復旧ソフトでデータを復旧できます
復旧ソフトを試すと無事にデータを取り出せました。修正の必要がない場合の料金は安くなります
代金5300円をいただきました

フォーマットしますかになるUSBメモリ
USBメモリが45度位の角度に曲がってパソコンから認識されない
USBメモリが45度位の角度に曲がって使えなくなったとの依頼です。

三重県からの依頼で、連絡を受けたときはパソコンを落としてUSBメモリが45度位の角度で曲がりパソコンから認識されなくなったとのことでしたが届いたときの状態ははとんど真っすぐでほんの少し曲がっているだけでした。
ひょっとして、曲げ戻したか。USBメモリケースを開封して顕微鏡で確認するとコネクタの両端子は半田が取れているけれど9本の導電端子はいずれも正常に見えます
USBメモリに少し力を加えると激しく点滅を繰り返すが認識されません
回路、部品の半田付けを修正してみるも症状はかわりません。ELECOM 製でメモリが2枚裏表に付いています。この時点でメモリを取り外してデータを復旧することに決めておよそ3時間かけて作業実施、最初からの確認時間を加えると6〜7時間の長作業でした。
保存用のUSBメモリーにデータを入れて作業完了。久しぶりの大仕事でした。
最初に曲がった時点で曲げ戻ししなければこんなに痛まなかったのではと思っています
代金は弊社最大料金の12000円と部品代2800円の合計14800円をいただきました

45度位の角度に曲がってパソコンから認識されない
USBメモリの金属コネクタがぐらぐらしてパソコンから認識されない
電話でUSBメモリのコネクタ部分がぐらついてパソコンから認識されくなったとの依頼です。とても急いでいるため至急とのことです

山口県からの依頼です。連絡を受けたときは曲がったとのことでしたが、大きな箱に入れて送られてきたフタ開けてみると曲がっているようにみえませんでした。ひょっとして曲げ戻したかなと思いパソコンに取り付けると全く認識されません。ただケースが裏表で少し隙間ができてグラついていました。
ケースを開けて顕微鏡で確認すると金属コネクタの固定端子が両サイドとも完全に外れています。さらに、導電端子2本が基板から外れ、回路パターンも断線していました。完全に曲げ戻しをした状況です。
顕微鏡をのぞきながらコネクタを外すことおよそ20分。そして断線したパターンの半田付け接続。針の穴ほどの場所に毛髪のようなリード線を接続しますが最新の注意をしながらがら少し手が震えます。およそ40分ほどの作業で完成、パソコンにつなぐと認識されました。保存用に送って頂いたUSBメモリにデータを取り出して完了です。
今回も最初に曲がった時点で曲げ戻ししなければ断線しなかったと思いましたが、誰でも曲げ戻してしまいますね
代金8000円をいただきました

金属コネクタが少し曲がってパソコンから認識されない
USBメモリの金属コネクタ部分が折れてしまった
USBメモリの金属コネクタ部分が完全に折れてしまっています

愛知県からの依頼です。ぷちぷちの封筒に入った状態で宅急便にて届きました。封鎖を開けると上の写真のようにケースから取り出された状態で入っていました。ケースはありません
さっそく顕微鏡で確認すると幸いにも金属の固定部と導電端子がすべて折れているがパターンの剥離と部品の破損は見あたりませんでした。
データ復旧のために予備のコネクタと基板の端子を接続します。USB3.0のため接続に注意が必要です。下の写真が作業完了の状態です。
こんなに固い金属の部分で折れることがあるのですね。初めてこのように破損したものを見ました。
データ読み取り用のコネクタを付けてパソコンに差し込むと無事に認識されました。同封されていた保存用のUSBメモリにデータを保存して終了です
およそ30分の作業でした。
代金8000円をいただきました

USBメモリの破損と作業完了の画像
USBメモリの金属コネクタ部分の外れと基板が割れてしまった
USBメモリの金属コネクタ部分が本体の基板から取れて、さらに本体の基板の先端が割れてしまっています

神奈川県から届きました。京都に三泊で遊びに行って帰ったら破損したUSBメモリが届いてました。このUSBメモリの復旧依頼は旅行の前に依頼されていました
このUSBメモリは他の復旧業者に送って見積をしてもらったそうで、そのときに16万円と言われたため高額すぎて依頼できないと伝えると半額の8万円でよいと言われたそうです。依頼者さまは料金の開きが大きいためどういう料金体系なのか不信を抱いて断ったとのことです
ネットで再度探して弊社をみつけ、平均8000円の料金をみて信じられなかったそうです。お客様から何度も本当に8000円位でよいのか確認されました。
さっそく顕微鏡で確認すると金属の固定部と導電端子がすべて外れ、さらにコネクタ部分の反対側が割れてパターンの断線とともに割れた部分が無くなっています。
本体の基板とコネクタを接続して割れている部分を影響のないように迂回処理してパソコンに差し込むと無事に認識されました。比較的難易度の高い作業です
およそ50分の作業でした。
このようなでも8000円です
それにしても他社さんの料金が160000円ですか、もう一度京都一週間行けますね、異常に高額だったのは驚きです
京都駅から徒歩100メートルのさくらテラス・ギュラリー、この次も絶対にここにします、宿泊客はほとんど外人さんだらけの素晴らしいホテルです。
代金8000円をいただきました

金属コネクタ部分の取れと割れた画像
USBメモリが根本から曲がり、中からバネが出てきてパソコンから認識されない
USBメモリがコネクタと本体の部分で根本から曲がり、中からバネが出てきたとの依頼です

栃木県からの依頼で、ゆうパックのプチプチ付き封筒で送られてきました。
中には曲がった問題のUSBメモリと作業後のデータを保存するUSBメモリが入っていました。作業後のUSBメモリは今までどうりには使えません。あくまでもデータを復旧するための作業であってデータは別のUSBメモリに入れてお返ししますのでこのようにして送っていただいています
今回の症状は曲がった部分の導電端子が折れていただけでしたのでデータ取り出し用のコネクタに交換して完了しました
今回の作業時間はおよそ30分でした
代金8000円をいただきました

根本から曲がった画像
USBメモリの金属端子が取れて自分で作業したが失敗した
子供がUSBメモリを曲げて壊れたため自分で半田付けしたが作業失敗したとのことです

岡山県から宅急便で届きました。箱を開けると破損したUSBメモリとデータ保存用のUSBメモリが入っていました。
破損したUSBメモリを目視すると金属端子が繋がっているはずの部分が黒くなって燃えカスのようなものがついています。
顕微鏡で確認すると半田のヤニが燃えて黒くなっていて一面が盛り上がり、回路パターンが見えなくなっており、ヤニを取り除くと回路パターンがが取れてどのようになっていたか判断できません。
半田が周囲の微小部品にもついていてあきらかに加熱しすぎた状況になっています。
最近の電子回路の半田付けは低温半田と呼ばれるものが使われているため一般の半田ゴテをあてるとひどい状態になります。また、肉眼ではパターンはほとんど見えません
無理に作業しようとすると回路パターンが取れるだけでなく周囲の微小部品がとれたり焼けて破損します。個人では作業できないと思ってください
顕微鏡で確認しながら回路を作って作業、全体で2時間くらいかかりました。取れたデータを保存用のUSBメモリに復旧して完了です
1の写真は破損したUSBメモリの外観、2の写真は焼けた部分の拡大です。3は他から持ってきたUSBメモリ本来の正常部分画像です
代金8000円をいただきました

今回の作業時間は破損した部分の確認に時間がかかりおよそ2時間でした。

破損状況の写真
USBメモリをパソコンに差し込んだまま落としてほぼ直角に折れてしまった
徳島県から宅急便で届きました。破損したUSBメモリとデータ保存用のUSBメモリが入っていました。
USBはほぼ直角に折れていて本体からは外れていませんでした。ケースから取り外すのにかなり時間がかかりました。
顕微鏡で確認すると導電端子と周囲の回路パターンが断線しているのがわかります(写真の下の拡大が画像)。データを復旧するために仮修正したものが上の画像です。
代金8000円をいただきました

今回の作業時間は破損した部分の半田付けに多少時間がかかりましたが比較的容易な作業です。およそ1時間の作業でした。

直角に折れて剥離した写真

下の画像はUSBメモリの内部を拡大したものです
コネクタは2箇所の非常に細い部分で本体の基板に半田付けされています。このわずかな2箇所の接点だけで固定されているためわずかな力で曲がったり折れたりします
また、コネクタ側と本体の基板側にはUSB2.0のメモリの場合は4本、USB3.0のメモリの場合は9本の糸のような導電端子が基板側に半田付けされているため、コネクタが曲がるとこの導電部分の半田が取れたり折れてしまいます
破損USBメモリの修復依頼はこのようなトラブルが多く見受けられます
USBメモリをパソコンに取り付けたり外す場合は丁寧に扱いましょう




弊社のサービスの考え方
業務内容のご紹介
電気的に破損したUSBメモリの例 USBメモリの取り扱い注意
USBメモリの上手な使い方 弊社で用意している保存用USBメモリ
USBメモリの修復料金について
USBメモリの破損の原因と成功率、予防方法

KEXINへのリンクバナー adataへのリンクバナー シリコンパワーへのリンクバナー amazonへのリンクバナー ヨドバシへのリンクバナー Transcendへのリンクバナー へのリンクバナー
バッファローへのリンクバナー TDKへのリンクバナー サンディスクへのリンクバナー ソニーへのリンクバナー カウンタ
カウンタ
カウンタ

USBメモリの修復作業記録

作業記録−1 作業記録−2 作業記録−3

曲がったUSBメモリ修理事例

日本全国から日々ご依頼されているUSBメモリの作業内容と実績を紹介しています
(多忙のため毎日更新することはできませんができるだけ紹介していきます)

USBメモリの修復の依頼は北は北海道から南の鹿児島まで日本全国から毎日のように届いています。作業はすべて横浜で行っています。折れたり、曲がったり、金属の差し込み部分が取れたり、ぐらぐらした接触不良など様々ですが、ほとんどのご依頼品は届いた当日、または翌日には完了して発送しています。
平日の作業は朝8時位から開始し、夜10時頃まで行っています。この間に空き時間ができている間はいろいろなUSBメモリを分解して回路の調査や実験などに時間を充てています。
USBメモリは各メーカーによって頻繁に改版が行われるためこれらの製品を熟知することは作業効率、時間短縮、確実性にとても効果を発揮しています


連絡先