弊社の電話番号と住所
復旧の概要を図で説明
USBメモリのサンプル画像

コネクタが取れたUSBメモリの例と実際の作業実績を紹介しています

コネクタが取れた例(外観)
コネクタが取れた例(内部)
コネクタが取れた外観写真1
コネクタが取れた外観写真
コネクタが取れた内部写真1
コネクタが取れた内部写真
コネクタが取れた外観写真2
コネクタが取れた外観写真
コネクタが取れた内部写真2
コネクタが取れた内部写真
コネクタが取れた外観写真3
コネクタが取れた外観写真
コネクタが取れた内部写真3
コネクタが取れた内部写真
コネクタが取れた外観写真4
コネクタが取れた外観写真
コネクタが取れた内部写真4
コネクタが取れた内部写真

下の写真はコネクタが取れたイメージです。通常は写真のように取れてはいません。ほとんどの依頼品はコネクタが取れた時に回路パターンも断線しています
ご自身で修理してデータを取り出そうとしないでください。ご自身で作業して失敗したことによる責任は一切負いません
接続を間違えると焼損、チップ破損、メモリ破損の高いリスクがあります
また、USBメモリの各部の半田付けは特殊な規格のものが使われているため、市販の半田ゴテを使うとパターンが焼けます

コネクタが外れたサンプル

下の@〜Bの写真はUSBメモリのコネクタが本体の基板から取れてしまった状態を順に示しています。
最も多く依頼を頂いているUSBメモリからコネクタが取れた(コネクタの外れ)症状です

@はコネクタが取れたときの写真です
AとBはケースを外した状態です
通常はケースを外すとBの状態になりますが、Aの写真のように保護されている製品もあります
スライド式のUSBメモリの場合はAのようになっています
写真からは基板とコネクタが折れてしまっているように見えますが、コネクタの接続部分と導電端子ま半田付けが外れたか、断線したかのいずれかです

コネクタの外れ(コネクタの取れ)がどうして起きるか、その原因は次のどれかです
1.USBメモリをパソコンに取り付けた状態で手や足が強く当たった
2.USBメモリをパソコンに取り付けた状態で持ち運び、どこかに当たった
3.USBメモリをパソコンに取り付けた状態で落下させた
4.USBメモリをパソコンから取り外す時に真っすぐに引き抜かず、手荒に取り外した
5.製品の強度不足
6.コネクタが変形しているのに無理にパソコンに取り付け、そのような状態でパソコンから抜き取ろうとした

通常は1〜3の原因です

コネクタが外れた外観写真
コネクタが外れた外観写真

カバーを外した保護付き写真
カバーを外した保護付き写真

カバーを外した保護なし写真
カバーを外した保護なし写真

USBメモリのコネクタと本体基板の固定部分はとても小さな部分で半田付けされています。したがって、パソコンから乱暴に抜き差しするのは禁物です

以下の例を見て自分でも修理できそうな気がしますが決して試したりしないでください。次のような危険があります
1.ケースから取り出す場合に基板を壊してしまう
2.導電端子の破損以外に回路パターンが剥離していることがある
3.通常の半田ゴテを近づけると回路パターンが焼け切れる。300度以下にする必要がある
4.ホームセンターの半田は使えない。特殊な半田を使います
5.専用の薬品が必要で、これがないと半田は付きません
6.顕微鏡が必須
7.何より、半田付けの熟練が必要
8.専用の測定器が必要
9.電気、電子の経験が必要
他にもまだあります

以下にコネクタが取れたデータの取り出しについてとりあげます

HOME

サイトマップ
ポリシー 弊社紹介 所在地 復旧日記 曲がったUSB 折れたUSB
変形したUSB 取れたUSB 割れたUSBメモリ コントローラ破損 認識されないUSB 電気的破損
取り扱い注意 上手な使い方 保存用USB 修復料金 成功率、予防方法 復旧ソフト
過去の記録 破損USBの例

連絡先