電話番号と住所
修復の概要を図で説明
USBメモリのサンプル画像

割れたUSBメモリからどのようにしてデータを取り出し、復旧しているかを破損した例をもとに実際の作業の実績を紹介しています

ここで紹介するUSBメモリはお客様から依頼されたもので、主要な部分となる基板そのものが割れた場合の症状とそれらがどのように破損して、作業の結果ががどうなったかを説明しています

USBメモリが割れたかどうかはケースから取り出してみないと分かりません。間違えやすいのはコネクタの付け根の部分で折れた場合に基板が見えるため割れたと判断してしまいやすいことです。
基板が割れていると半田付けでは修理できません。理由は、基板は表の部分と裏の部分に回路パーターンが配線されていますが、更に表と裏の中間層にも通常は2層配線がありどのようになっているか分かりません。基板が割れるとこの中間層の配線も断線してしまうため修理できなくなります
このように割れてしまったものは重度物理破損と呼ばれ、メモリを取り外してデータを取り出す煩雑な作業になります。
破損の原因はUSBメモリをパソコンに付けたまま落下させた場合です

(1) USBメモリの基板が真ん中付近で割れた例です

USBメモリの基板の中間付近で割れた例1

パソコンにUSBメモリを付けたまま落下させたらケースが割れて中の基板が写真のような状態で出てきたとの依頼です
割れたすぐ横の黒い四角のチップはコントローラと呼ばれるもので、重要な部品です。メモリはこの裏側に付いていて見えません
顕微鏡で確認するとコントローラの端子は広範囲に根元から折れています。メモリは壊れてなく無事でした
この依頼品は半田付けによる補修はできませんのでメモリを取り出してデータを取り出すしか方法がありません
確実にデータを取り出すには同じ製品にメモリを移植する方法です。比較的作業が簡単で成功率も高いのでメモリ移植を行いました
電源が入っている状態のパソコンに取り付けたまま落下させるとメモリが破損していることがあります。メモリが破損しているとデータは取り出せません

この例は重度物理破損ですので代金は弊社の一番高い12000円です。修理業界では一般的に高額で10万円を超えるところもあります
成功率は80パーセント位です
不成功になる原因はコントローラが汎用品でない場合、およびメモリが破損している場合です
(2) USBメモリの基板が真ん中付近で割れた別の例です

USBメモリの基板の中間付近で割れた例2

どのようにして基板が割れたか確認していない別の例です
コントローラとメモリの間で割れています。この製品はコントローラとメモリが同じ面についています。
顕微鏡で確認するとコントローラの端子、メモリの端子のどちらも折れていません。
この依頼品も半田付けによる補修はできませんのでメモリを取り出してデータを取り出す方法になりました

この例も重度物理破損ですので代金は弊社の一番高い12000円です。
成功率は80パーセント位です
(3) USBメモリの基板が真ん中付近で割れた例です

USBメモリの基板の中間付近で割れた例1

この例はパソコンにUSBメモリを付けたまま車で移動中に座席からパソコンが落ちてしまったとのことでした。
ケースは少し開いていたけれど基板が割れているかどうかは分かりませんでした。ケースを開けると写真のように基板の中央付近で割れていました
この依頼品も半田付けによる補修はできませんのでメモリを取り外してデータを取り出すしか方法になりました
写真は基板からメモリを取り外した状態です。 この例も重度物理破損ですので代金は弊社の一番高い12000円です
成功率は80パーセント位です

HOME

サイトマップ
ポリシー 弊社紹介 所在地 復旧日記 曲がったUSB 折れたUSB
変形したUSB 取れたUSB 割れたUSBメモリ コントローラ破損 認識されないUSB 電気的破損
取り扱い注意 上手な使い方 保存用USB 修復料金 成功率、予防方法 復旧ソフト
過去の記録 破損USBの例

連絡先